大口融資 総量規制

大口融資を受ける方法と総量規制

お金を借りるときは、数万円、数十万円など比較的少ない金額を希望している人もあれば、数百万円、あるいはそれ以上の大口融資を利用したいと考える人もあるものです。

消費者金融の場合も500万円ぐらいまでの融資に対応している業者は多いですが、すべての人がその金額を借りられるというわけではありません。

まず、消費者金融の場合は総量規制の対象となっています。総量規制はその人の年収の3分の1までの融資となっていますので、借りられる金額はその人の年収に合った金額となります。500万円までの融資を利用するには、最低でも年収が1500万円必要となってしまいます。

総量規制を超えるとそれ以上の金額を借りられないのかということとなりますが、そういったことではなく銀行の借入れの場合なら、総量規制の対象外となっていますので、より大口融資も受けやすくなっています。

銀行の借入れではカードローンなら消費者金融と同じように手軽に手続きを行うことができます。この場合も担保や保証人は必要なく、来店なしでもインターネットや電話などからも手続きが可能です。

さらに銀行の場合は消費者金融よりも低金利で借入れができるというところも魅力です。

銀行のカードローンなら年収の割合を超えての大口融資を受けることもでき、早ければ即日からも融資が開始されます。総量規制以上の借入れが行えるのが便利ですが、やはり審査があり、その人の年収や借入れ状況に合わせて融資される金額が決まります。

より多くの資金を低金利で長期に借入れをしたいという場合などは土地などの不動産を担保とする不動産担保ローンという方法もあり、それぞれの担保に見合った金額が貸し出されることとなります。