大口融資の相談

大口融資の相談を持ちかけると貸出金利は有利になるのか?

大口融資を銀行に相談すると貸出金利は有利になるのかという疑問を持ったことのある人も多いでしょうが、確かに正しいとも言え、正しくないとも言えます。

正しいという理由から説明すれば、まず、大企業への大口融資の場合とくに上場規模の大企業であれば、メインバンクは融資を実行しています。

上場大手の場合、株式発行をしており、銀行が貸し出し企業の株を持つことが条件として融資が行われることが多いでしょう。

これは両社にメリットがあり、企業側は、銀行に株を持たせることで資金調達ができるということや、大株主であり、融資が行われていれば株を売却する危険性が低いことがあります。さらに、銀行側は財務内容を把握し、議決権を持つことで企業の経営に参加し、また、財務内容が良く利益を出せば持ち株の配当金を得ることが出来ます。

同時に貸し出し金利も得られます。

設備投資などの側面で大口融資を行う場合、企業財務が健全で、将来性が高いと判断される企業には、銀行は喉から手が出るほど貸し出しを実行したいので融資担当は、貸し出しの相談にのり、相手の意向をよく聞くでしょう。

もし、借りる側に有利でない融資であれば、融資を受けない企業が多いでしょう。

十分に借り入れなしで経営が可能な企業が、金利負担が生じる融資を受けるには企業としても条件を出すのは当然です。

しかしながら、これが個人への大口融資の場合、申込者が銀行に相談をしても、借入れる方法と金利水準尾相談に乗ってくれても銀行による審査後、銀行主導で金利条件などが決められ、申込者が金利条件を交渉することは不可能に近いです。

銀行は、金利を得るメリットを考えて貸し出しを行うため、個人への融資は担保設定と保証人設定を行い、十分な金利と保険加入などの条件を設定して損の生じない融資を実行するからです。