大口融資 保証人

大口融資には担保設定や保証人が必要?

大口融資とは大口の資金を金融機関から借入れる行為で、これは借りる人や貸し出す金融機関によって異なり、大口という金額も異なるでしょう。

500万円を大口と解釈する場合と1千万円を大口と解釈する場合と3千万以上を大口と解釈する場合、億単位、大企業などへの貸し出しとなると十億から百億以上もの貸し出しがあり、すべてにおいて大口融資となるでしょう。

一般に企業規模の大口融資の場合、メガバンクと言われる大銀行が貸し出しを行う場合があり、企業の営業規模や資産状況、預金残高などにより貸し出し条件が異なります。

一方、地方銀行で個人への大口融資といえば数千万円程度であり、融資条件は銀行が審査の結果銀行により決められます。

その場合に担保設定や保証人が設定され、万が一返済ができない場合、保証人に返済義務が発生し、返済不能であれば、担保を差し押さえ、競売等に掛けられ、そのお金が返済に充てられ、契約解除となります。

大抵の場合、借りた人は自己破産となることが多いでしょう。
しかしながら、企業への大口融資の場合、担保設定や保証人がないこともあります。
とくに大企業であれば、銀行は財務状況を見て貸し出しを行います。

企業に利益剰余金が多く、それ以下の融資であれば、実質財務健全であり、無借金経営とも言えるので、預金で十分に返済可能な借金であれば、逆に銀行は借りてもらいたい立場で、当然金利の条件は借りる方に優位に条件を進めるでしょう。

すでに財務が悪化し、数百、数千億、数兆円規模の債務化している場合も、銀行が被るリスクが大きいため、被害を最小限にするようにM&Aにより買収する企業を探したり、債務を一部棒引きするなどの措置がとられ、その条件と引き換えに、一部資産売却やリストラなどを進め、財務を健全化する策がとられることがあります。

銀行はお金を貸して金利を得るビジネスですので、借りる相手いて、返済がされて初めて成り立つのです。