大口融資 銀行

大口融資を受けるなら消費者金融よりも銀行?

キャッシングはいざという時に非常に便利なサービスですが、それほど高額のお金を借りるというイメージは少ないでしょう。

キャッシングは数万円から十数万円程度の借入れができれば十分という人も多いかもしれません。

車や住宅といった高額の買い物や、教育資金の確保といった目的にはそれ専用のローンがあります。高額のお金が必要になる場合には、これらのローンを利用するのが一般的でしょう。

しかし時には急いで大金が必要になる場合だってあるかもしれません。何があるかわからないのが人生です。そのような状況に陥ってしまった場合、一般的なローンを利用して大口融資に至るのでは、実際に資金を手にするまでかなり時間がかかってしまいます。

スピード感ある融資を実現するのであれば、カードローンなどによるキャッシングが最も有効なのです。

ではカードローンで大口融資を受けるのは可能でしょうか。
答えは理論的には可能ということになります。

消費者金融や銀行などカードローンを販売している金融機関は利用限度額を定めており、大手の消費者金融で500万円、銀行の中には1000万円の限度額を設定しているところもあります。

基本的には総量規制の影響を受けない銀行のほうが限度額は高めに設定されており、この点だけを見れば大口融資を受けるなら消費者金融よりも銀行という結論になります。

ただし忘れてはいけないのは、通常は限度額いっぱいまで借り入れることは困難だということです。

実際の借入限度額は審査で決定され、ほとんどの場合は限度額の上限まで借り入れることはできません。したがって実際の借入額になると銀行の優位性は確かなものではなくなります。

申し込み者の信用力によっては、銀行よりも消費者金融で借りたほうがいい結果になることも十分あるのです。

少しでも多くのお金を借りたいのであれば、まず自分の信用力に応じた金融機関を選択することが重要になります。